非通知電話のかけ方!スマホではどうやるの?



この番号・・・怪しい!!

 

怪しい電話番号から、電話がかかってきた時って
自分の電話番号で、かけ直したくないですよね。

そんな時に便利なのが、非通知電話♪

 
Sponsored Link

そこで、非通知電話のかけ方を調べたところ
とっても簡単に、することができましたよ♪

 

なので、今回は
非通知電話のかけ方について、詳しくご紹介しますね!

非通知

非通知電話のかけ方

非通知電話のかけ方は、至って簡単(^^)

「184」の後に、電話番号を打つだけ!

 

例えば、「080-1234-5678」の番号に、非通知電話をしたかったら

「18408012345678」と打てば、非通知電話をかけることができます。

非通知2

 

すると、相手には、上の画像のように
電話番号を隠して、電話をすることができます。

 

覚え方は、
「嫌よ(184) 電話通知」 で、覚えておきましょう(^^)

固定電話もスマホも同じ!

非通知電話の方法は、
固定電話でも、スマホでも同じです

 

ただし、ソフトバンクだけ
「設定」→「電話」→「発信者番号通知」の画面に行って
「発信者番号通知」をオフにすることで、非通知電話をすることができます。

 

ですが、オフにしたままだと、ずっと非通知電話になり
必要な時に、みんな電話に出てくれません(゚д゚lll)

したがって、「184」を使った方が、無難ですよ!

非通知電話をしても、番号はバレないの?

電話番号がバレる心配は、全くありません

もし電話番号がわかるようなら、
非通知電話がある意味が、ないですよね(^_^;)

 

ただ、消防署の「119」警察の「110」に、非通知電話した場合は
発信場所を特定するために
手続きをすれば、番号を開示することができます。

非通知電話で電話が繋がらない場合

何回も、非通知電話をしても、電話が繋がらないのは
相手の電話が、非通知拒否設定をしているからです。

 

非通知拒否設定が、されている場合には、

チェック ツーツーツーっと、鳴りっぱなし

チェック 「お客さまの電話番号を通知して、おかけ直しください」などのアナウンスが流れる

 

のようになって、留守番電話にも繋がりません!

こうなった場合には、
諦めて電話をしないか、普通に電話をかけてみてください。

 

ところで、スマホで「非通知拒否設定」って、設定してましたか?

これを設定しておくだけで、
非通知電話はかかってこないので、設定しておくと便利ですよ!

次に、その設定方法について、ご紹介しますね。

Sponsored Links

非通知拒否の設定方法

非通知拒否の設定方法は、キャリア別に違います。

 

また、ほとんどのスマホで、設定できますが
機種によっては、この方法で、設定できない可能性もあります。

その場合は、各携帯会社に、お問い合わせください。

auの場合

「1481」に電話をするだけで、OK!

「番号通知リクエストサービスをセットしました」
とアナウンスされれば、設定完了です。

 

非通知拒否設定を解除したい場合は
「1480」に電話すれば、解除することができます。

ドコモの場合

まず、「148」に発信することで
現在の非通知着信拒否の設定状態を、確認できます。

 

そして、設定状態が停止の場合は
キーパットに切り替えて、「1」を押します。

 

「ただいまから番号通知お願いサービスを開始します」
とアナウンスされれば、設定完了です。

 

非通知拒否設定を解除したい場合は
「148」の後に「0」を押せば、解除することができます。

ソフトバンクの場合

ソフトバンクの場合は、ちょっと設定が面倒で
ナンバーブロックサービス(月額100円)への申し込みが必要です。

 

設定方法は、このURLに詳しく書いてあるので、
これを見て、設定してみてください。

「186」って何?

「184」ではなく、「186」というのもあります。

これは、非通知電話ではなく、番号を通知するための電話です。

 

覚え方は、
「ハロー(86) 通知」 が覚えやすいですよ(^^)

「186」っていつ使うの?

番号を通知するための電話って、言っても

「番号って、いつも通知されてるじゃん!」

って思いませんでしたか?

 

これは、現在では、普通に番号が通知されていますが
以前は、そのようなシステムでは、ありませんでした。

黒電話なんかが、典型的な例ですよね!

 

それが、番号を通知するシステムに、移行する時に
電話に、「番号を通知させるか、非通知にするか」を選択できたんですね。

 

その中には、昔のまま、常に非通知設定にする人がいたので
番号を通知させるために、「186」ができました。

 

なので、今では滅多にいないと思いますが
常に非通知設定をしている人に、番号を通知する時に、「186」は使うんですよ~!

最後に

もう一度番号をおさらいすると、以下の通りです!

チェック 非通知電話・・・184(嫌よ 電話通知)

チェック 通知電話・・・・186(ハロー 通知)

 

間違えて、「186」でかけちゃうと、
非通知電話にならないので、注意してくださいね。

では、くれぐれも、イタズラには使わないように(´∀`)

Sponsored Links

月5万円稼ぐ方法をご紹介します♪

おかげさまで、当サイト運営で、
月5万円の広告収入を頂いています。

あなたも自分の経験や知識を記事にして
サイト運営をしてみませんか?

当サイトを訪問して頂いたお礼に、
私のメルマガで、サイトの運営方法や記事の書き方を紹介しています。

気になる方は、無料ですので、ぜひ登録してみてくださいね♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ