プロフィール

プロフ

こうちゃん

雑草系男子 / 自給自足アフィリエイター /
1989年6月27日生まれ / 東京都国立市出身 / 明治大学出身

 

こんにちわ。自給自足アフィリエイターの齋藤浩平です。

主にサイトアフィリエイトで生計を立て、たまに畑を耕したりして、自由に暮らしています。
と言っても、別に大そうなことをやっているわけはなく、雑草のように、どこにいても自分らしく生きていこう~と思って、生きています。

 

そんな僕が重要だと思っている力は、自給力。

そして、僕の理想の世界は、自給自足の世界です

金を稼いで、高級車を乗り回したいとか、豪邸に住みたいみたいな願望はなく、僕の夢は地方移住して、畑を持って、自分の思うがままに暮らすことです。でも、現実には、完全なる自給自足って難しいですよね。

 

そこで、僕はまずはインターネットの世界で、自給自足をしようと考えました。ネットを使って、まずは生活できるレベルはお金を稼げるようにする。それから、自分の好きなこと、やりたいことを実現していこうということです。

 

さらに、ネットの世界で協力し合い、物々交換ではなく、知識・知恵の交換ができれば、お互いが生きやすいweb版自給自足が実現しますよね。僕は、そんな村のようなコミュニティーが作りたいです。

 

なぜ、僕が自給力が大事だと思ったか。それは、僕には人に依存し、自分の力で生きようとしなかった過去があるからです。まずは僕の歴史をご紹介します。

公務員試験の失敗

「俺は社会に必要とされていない人間だ・・・」

 

僕が初めて経験した絶望は、公務員試験の失敗。

コミュニケーションが苦手で、特にやりたいことも、自分の意志もなかった僕は、大学4年の就職活動は、公務員一本で就活をしていました。

 

第一志望は、地方公務員。
定時で上がって、神宮球場で野球観戦するという、オヤジみたいな夢を描いていました。

 

しかし、そんな夢は脆くも崩れます。
筆記試験は合格しましたが、面接試験でまさかの不合格・・・。

 

今考えれば、当然と言えば当然。

想定される質問に対する答えを暗記して、ロボットみたいな人間でした。公務員の面接ですら受からない自分は、どこに行っても活躍できない。そう思って、目の前が真っ暗に・・・。

絶望の中の一筋の光

人生に絶望し、目の前が真っ暗になっていた時、一筋の光が差し込みました。

 

それは、中小企業の経営者である父からの

「ありがとう」

という一言。

 

ドラッカーの本を父に薦め、父の大きな変化を目の当たりにし、感謝の言葉を言われた時、人生で初めて「人の役に立てた感動」を感じることができました。

 

「こんなオレでも人の役に立てるんだ…」

今後もこのような”人が変わるきっかけ”になるようなコンサルティングがしたい。

 

そんな想いで、当時は
中小企業の経営者の最も身近な専門家である税理士を志しました。

 

それと同時に

・暗い
・コミュ障
・ネガティブ
・超安定志向
・自分が嫌い
・行動できない
・ロボット人間

というような、ダメな自分を変えよう!と決意しました。

 

そこから、税理士の勉強をしながらも、
色んな人と会い、朝活を主催するなど、自分を変えていこうと努力するようになります。

浪人時代の孤独

就職もせず、税理士の勉強だけをしていた僕は、学生時代の友人は就職していて、頼る人がいなかった僕は、かなり孤独でした。試験前の2か月くらい誰にも会わない程、引きこもって勉強をする時もありました。

 

ですが、この浪人時代に、本・映画・音楽・人に触れたことで”今”を大切に、自分の頭で考える重要性を学びました。

 

そして、道端に咲いているタンポポを見て、

「こんなところでも、どんなに踏まれても、頑張って咲いているんだ」

と励まされ、誰でも、どこでも、根を張り咲けることをタンポポから教えてもらいました。

何かが違う・・・

税理士の勉強は、アルバイトをしつつも、順調に科目合格をしていました。しかし、「これが本当に自分のやりたいことなのか?」という違和感を感じていました。

 

ある起業家との出会いから、経営者をサポートする立場の税理士より、自らが経営者となって、自分の力で稼げるようになりたい、そう思うようになりました。

 

その想いから、最初は税理士の勉強をしながら、トレンドアフィリエイトに取り組むことに。

 

そして、月5万稼げたことが自信となり、税理士の勉強をきっぱりと止め、アフィリエイトをしつつも、まずは生活するために、サラリーマンとなりました。

人間は誰でも咲ける

サラリーマンをしつつも、本気で自分の力で稼ぐスイッチを入れ、寝る間を惜しんで、トレンドアフィリエイトを続けました。
その結果、月20万、30万・・・と稼げるようになり、2016年1月についに独立を果たすことができました。

 

その後、物販アフィリエイトにも取り組み、月100万という大台も突破することができました。タンポポに教えてもらったように、人間は、誰でも、どこでも、土さえあれば咲けることを実感しました。

本当の安定とは何か?

僕が公務員を志望した理由は、”安定”を求めていたからです。
しかし、公務員は本当に”安定”しているんでしょうか?

 

・制度が変わってクビになったら?
・予算削減で給料が減ったら?
・やりたいことができたら?
・行きたい場所ができたら?
・人間関係が嫌だったら?

 

これは、会社においても同じこと。
国や市町村、会社に依存することは、実は安定とは言えません。

 

僕が考える本当の安定とは

無一文になっても生きていける自給力

です。

 

たとえ、無一文になっても、稼ぐ力があれば、ゼロからお金を生み出せます。
たとえ、稼ぎがなくなっても、自給自足をすれば、食べることはできます。
たとえ、稼ぎが少なくても、コストをかけなければ、生活はできます。

このように、雑草のように、どこでも根を張り、自分らしく咲けることが本当の安定です。

僕の使命

僕の使命は、”自給人”を増やすこと。

自給人とは、自分で自給できる力を持った人間のこと。

さらに、自給人同士で、
協力し合える村のようなコミュニティーを創ることが僕の夢です。

自給人メルマガを配信しているので、良かったら登録してみてくださいね♪

メルマガ登録はこちら!⇒メルマガ

友だち追加数

サブコンテンツ

このページの先頭へ