ノックの回数は何回?面接入室時のノックはこうする!



コンコンッ?コンコンコンッ??

 

ノックの回数って、2回?それとも3回

面接で、入室する時のノックの回数って、迷いませんか?

 
Sponsored Link

私もノックの回数は、2回だと思っていたのですが
就活している時に、ノックの回数は3回だ、と指摘されたことを思い出しました。

 

そこで、「正式には、どっちなんだろう」
って思って、ノックのマナーについて、調べてきました!

 

すると、ノックの回数には、
それぞれ意味があることも、わかりましたよ~!

ノックの回数で悩んでいたら、ココで解決しちゃいましょう♪

面接

面接入室時のノックの回数は?

面接入室時のノックの回数の正解は、
ズバリ・・・

 

3回 です!

なぜなら、ノック2回は、トイレノックだから

 

チェック ノック2回=トイレの空室確認のためのノック
チェック ノック3回=ビジネスシーンで使われるノック

 

ビジネスシーンで、ノックを2回しかしないことは
トイレを連想させるため、失礼だと言われているんです(゚д゚lll)

 

ノックの回数で、面接を落とされることはないですが
これを、しっかりできる人は、少ないようですよ!

 

変にノックの回数で気にするのなら、
「ノックの回数は3回」と覚えておくと、良いですね(^^)

しかし、中には、「ノック4回が正式の方法だ」と言う人もいます。

次に、それについて、ご説明しますね~!

Sponsored Links

海外では、ノック4回が主流?

ノックが4回が正式の方法だと言われる理由は、
プロトコールマナーという、国際基準のマナーでは
「正式の場でのノックは、4回」と定められているからです。

 

国際基準では、ノックの意味は、以下のようになります。

チェック ノック2回=トイレノック
チェック ノック3回=家族・友人・恋人などの、親しい相手に対するノック
チェック ノック4回=正式の場でのノック

 

しかしビジネスシーンでは、3回にまで省略しても良い、とされています。

したがって、面接の場では、ノックは4回ではなく
先ほどご説明したように、3回するのが、無難ですよっ!

 

ですが、海外の正式なノックは、4回なので
就職した後で、海外で働く機会があれば、と覚えておくと良いですね。

 

ちなみに、ノックを4回する由来は
ベートーベン「運命」で有名な

「ジャ、ジャ、ジャ、ジャーン!」

から来ていて、「運命の扉を開く」という意味があるんですよ~!

なぜ日本だけ、3回が主流なの?

国際基準で、ノック4回と定められているのに
なぜ、日本は3回なのか、ちょっと疑問ですよね。

 

その理由は、日本では、
元々、襖(ふすま)や障子で、部屋が区切られており
西洋文化が入るまで、ドアの文化がなかったからです。

 

今でも、旅館や時代劇などでは
着物を来た女性が、襖や障子の前に正座して
「失礼致します。」と言って、中に入りますよね。

 

このように、ドアの文化が入るまでは、ノックする習慣もなかったため
何度もノックすることは、日本では「うるさい」と感じてしまうんです

 

ちなみに、日本では、「ノック5回は、幽霊が出る」と言われています(笑)

海外では、ノック5回もあるそうですが
やっぱり日本人は、4回以上のノックは、嫌うようですね(^_^;)

ドアが空いている時はどうするの?

面接では、あまりありませんが
ビジネスシーンでは、ドアが空いている場合もあります。

 

そんな時でも、3回軽くノックして
「失礼します」と言った上で、入室するんですよ~!

くれぐれも、ノックなしで、入室しないように気をつけてくださいね^^

 

ノックの回数については、これで完璧ですねっ!

次に、ノックを含めた面接の入室の流れを、
動画を見ながら、確認してみましょう(^^)

面接の入室の仕方

以下の動画がわかりやすいので、
動画を見ながら確認したい方は、見てみてください。

 

1.ノックをする

この動画では、2回になっていますが、正式には3回です。
間違えないように、してくださいね^^

2.ドアを開けて「失礼します」

ノックをした後に、「どうぞお入りください」と言われたら
ドアを開けて、「失礼します」と言って、入室します。

 

ドアの閉め方は、面接官に完全に背を向けないように
斜めの立ち位置で、ドアを閉めます。

 

動画では、ドアを開けて、閉めてから
「失礼します」と言っていますが、
ドアを開けながら言っても、間違いではありません。

3.一礼したら、椅子の横まで移動する

椅子まで歩いたら、しっかりと動作を止めて

「○○大学○○学部○○学科の山田一郎です。
本日は、よろしくお願いします」

と面接官の目を見て、自己紹介します。

4.着席

「どうぞ、お掛け下さい。」と言われたら
再び、「失礼します」と言って、一礼してから着席。

 

「失礼します」と同時に、礼をするのは、NGですよ
気をつけてくださいね。

 

そして着席したら
いよいよ面接が始まる、という一連の流れです。

もう一度、動画を見ながら、再確認してみてくださいね。

最後に

面接は、いつになっても緊張しますが
入室がしっかりできれば、少しは緊張も和らぎますよ。

 

何でも、最初が肝心です!

入室をしっかりやって
その勢いで、面接もクリアしていきたいですね(^^)

Sponsored Links

月5万円稼ぐ方法をご紹介します♪

おかげさまで、当サイト運営で、
月5万円の広告収入を頂いています。

あなたも自分の経験や知識を記事にして
サイト運営をしてみませんか?

当サイトを訪問して頂いたお礼に、
私のメルマガで、サイトの運営方法や記事の書き方を紹介しています。

気になる方は、無料ですので、ぜひ登録してみてくださいね♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ