営業の断り方とは?しつこい電話営業で使える断り文句!



「もしもし、○○社長はいらっしゃいますか?」

聞き覚えのない社名・・・また営業か(´Д`)

 

自分:「ご用件は?」

営業マン:「○○の提案がありまして・・・」

自分:「そういうことは結構です。」

営業マン:「いや、お話だけでも・・・」

 

ああ、しつこい!!
けど、どう断れば良いのかわからない(;_;)

オフィスワークをしていると、しつこい電話営業って、たまにありますよね・・・。

 
Sponsored Link

私も、営業を断るのが凄く苦手でした・・・。

ですが、私の先輩に、営業の断り方を伝授してもらったところ
凄くスムーズに、断れるようになったんですっ!

 

そこで、今回は、
先輩直伝の営業の断り方について、ご紹介しますね!

私のように、悩んでいたら、ぜひ参考にしてみてください★

電話営業

電話営業の断り方

電話営業で断る時に大切なことは、ハッキリと断ること!

「検討してみます。」「結構です。」などの曖昧な返事をすると
相手に付け入る隙を与えてしまい、電話を切りづらくなってしまいます。

 

ポイント 例えば・・・

「申し訳ありませんが、必要としていません。」
「営業は断るように社長から言われています。」
「弊社は、新規のお取引を控えさせて頂いております。」

 

このように、用件を聞いたら
まずは営業を断る意思が、しっかりと伝わるような返事をしましょう。

大抵の営業マンは、ハッキリと断れば、引き下がってくれますよ(^^)

しつこい営業の場合

営業を断る意思を伝えても、

「いやちょっとお話だけでも・・・」
「担当の方に代わっていただけますか?」
「ご挨拶だけでも・・・」

上記の営業トークで、引き下がらない営業マンもいますよね。
まぁ、相手も仕事なので、必死なのでしょうが(笑)

 

そういう時は、以下の断り文句が有効ですっ!

 ポイント 最強の断り文句

申し訳ありませんが、必要としていません。
必要な場合はこちらからお電話しますので、今後のご連絡は不要です。
恐れ入りますが、切らせて頂きます。失礼致します。

 

相手が何を言ってきても、この断り文句を何度も言うことがポイント!!

営業マンから、電話を切ってこない時でも
「失礼致します。」の一言を行ったすぐに、電話を切れば、相手に失礼もありません。

それでは、次は営業マンを調子に乗らせてしまう、NGパターンを見ていきましょう!

Sponsored Links

NGパターン 営業マンの話を聞いてしまう

最もダメなパターンは、営業マンの話を聞いてしまうこと!!

聞いてもつもりがなくても
営業マンの質問に答えてしまうと、相手のペースに乗ってしまいます。

 

例えば、以下のような会話です。
このような会話って、したことありませんか??

ポイント NGパターン

営業マン:「○○社長はいらっしゃいますか?」

自分:「ご用件を伺いします。」

営業マン:「ホームページの・・・」

自分:「結構です。」

営業マン:「あなたはその責任者なんですか?」

自分:「責任者ではないですが、そういった話は断るよう言われていますので、結構です。」

営業マン:「そういった話ってどのような事ですか?」

自分:「先ほど、提案していたホームページのお話です。」

営業マン:「そのような提案ではありません。
      きちんと伝言できないようですので、○○社長と直接お話をさせてください。」

 

上記のように、営業マンの質問に答えて、話を聞いてしまうと
相手に付け入る隙を与えてしまいます。

先程も言ったように、どんな質問でも、断り文句を言うことがポイント!!

 

相手がしつこいからって

「だーかーらー!必要ないって言ってるでしょ!!」

って感じに、イライラしてはいけません(^_^;)

 

声を荒らげて、ポロっと必要のない情報を言うと、さらに面倒くさいことになっちゃいます。
断り文句を防波堤にして、そこから先に進めないようにしましょう(^^)

営業かどうかわからない場合

不動産や投資などの、明らかに営業だとわかる場合もありますが
取引先なのかどうか、わからない場合もありますよね。

 

そのような時は、

「弊社とお取引はありますでしょうか?」

とストレートに聞いちゃいましょう!!

 

取引がある場合は、具体的な話をしてくれるので
この言葉をワンクッションに、担当者に繋ぐと良いですよ~!

最後に

今回は、電話営業の断り方についてお話しましたが、訪問営業の断り方も全く同じです。

対面であれ、電話であれ、
根気強く、営業を断る意思をハッキリと伝えることが、最も重要なこと!!

 

訪問営業の場合でも、対面で合ってしまうと、期待を持たせてしまうので
インターフォン越しで断ることで、電話営業の要領でサッパリ断ることができますよっ!

 

ハッキリ断る意思を伝えて、無駄な時間を割かないことも優しさです。
断ることを恐れずに、丁寧な言葉で伝えてあげましょう(^^)

Sponsored Links

月5万円稼ぐ方法をご紹介します♪

おかげさまで、当サイト運営で、
月5万円の広告収入を頂いています。

あなたも自分の経験や知識を記事にして
サイト運営をしてみませんか?

当サイトを訪問して頂いたお礼に、
私のメルマガで、サイトの運営方法や記事の書き方を紹介しています。

気になる方は、無料ですので、ぜひ登録してみてくださいね♪



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ